オーディション 合格

キッズ・ベビーのオーディション合格のコツ

何度応募しても書類審査も受からない・・・という人もたくさんいます。
というか、そういう人がほとんどです。
あの安室ちゃんも、20回以上オーディションに落ちた経験があるそうです。

 

でも、あまりにも落ちるとやはりショックですよね。
せめて書類審査だけでも・・と思うのが当然です。
書類だけで我が子の良さを伝えるのは難しいですよね。
実物を見てくれたら、、と思うことも多いはず。

 

でも、ちょっとしたコツをおさえると、書類審査通過の可能性はぐっと広がります。

 

 

まず基本的なことですが、ピントが合っているかどうか、顔がちゃんと映っているかどうかは
一番重要です。
ちょっとブレてるけど、かわいく撮れたから・・・
ちょっと向こう向いてるけど、いい感じの写真だから・・・
という写真では合格は難しいでしょう。

 

また、背景がゴチャゴチャしているのも表情に目が行きにくいのでNG。
何十、何百、何千枚という写真から選ぶわけですから、一枚一枚吟味なんてしてもらえません。

 

しっかりとその子の顔が映っているかがとても重要なのです。

 

 

書類の内容に関しては、「歌が好き」「ダンスが好き」などよりも、
「〇〇の音楽をかけると腰を振って踊ります」
「〇〇の歌をモノマネして歌います」
など、具体的に書いたほうが良いです。
お子さんが字や絵を描ける年齢であれば、本人の自己PRや絵を書いても良いでしょう。

 

審査員に「お!なんか違うな」と思わせることが大切なのです。

 

 

 

出演チャンスの多い、大手事務所にチャレンジしたいならこちら
【テアトルアカデミー】無料オーディション

 

低価格で始められるモデル事務所はこちら
キッズモデル【キャストネット】